同僚の家族葬に参列したい

職場の同僚の方が亡くなった、という場合に普通であれば葬儀には参列するものだと思いますが、
最近だと葬儀は家族葬で行います、ということも多いですよね。
家族葬は家族だけで葬儀を行うため、基本的にそれ以外の人の参列については遠慮願うというものです。
ですので家族葬で行うということであれば同僚の方であっても参列しないということで問題ないかと思います。
ですがその同僚の方と特に親しかったということであれば、絶対に参列してはいけないということでもありません。
もちろん家族葬をどう行うのか、どの範囲の方まで参列してもらうのかは故人や遺族の方の意思しだいになりますので、
親しかったとは言っても、葬儀は家族、親族だけで行いたいという場合もあるでしょう。
経済的な理由もあれば精神的な理由というのもいろいろとあるものですからね。
ただの同僚というとそれほど関係が深くないように思えますが、中には深い仲の人だっていることでしょう。
ごく親しくしていたという人なら遺族の方も無碍に参列を断ったりということもないでしょうから、
どうしても参列したいということであれば事前に確認してみるのも良いのではないでしょうか。
もちろんダメだと言われれば素直に遠慮しましょう。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬は絶対に参列辞退なのか

家族葬は最近になってよく耳にするようになった言葉ですが、
実際最近はお葬式というと家族葬にしたいという方が多くなっていますね。
家族葬というのはその名の通り家族だけで行う葬儀のことであり、その特徴の一つとなるのが家族以外の方の参列辞退ですね。
参列辞退ということになると、一般の方は参列は遠慮してください、ということになるわけですが、
だからと言って家族葬には家族の人以外は絶対に参列してはいけないということでもありません。
もちろん、参列辞退について、絶対に家族以外は参加は遠慮して欲しいと考えているケースもあるかと思いますが、
故人と特に親しかったので葬儀にはぜひ参列したい、という方もいるかと思いますし、
そういった方に対しても遠慮してくださいと固く辞退する方というのも多くないのでは無いかと思います。
故人の意思であったり遺族の固い意思でそういうこともあるかもしれませんから、参列辞退と言っているのにいきなり葬儀に行くのもどうかとは思いますので、
親しかったのでどうしても参列したいのであれば事前にそれを伝えて参列してもよいか確認しておくのが良いでしょう。
家族葬というのも最近できた言葉であり定義や決まりがあるわけでもありませんから、
行う人と参加する人の気持ちや考え方しだいですね。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の利点は何?

ここ最近は葬儀というと家族葬という形で行いたいという方が非常に多くなっているようですね。
家族葬は親族のみで行う葬儀のことをさす言葉なのですが、
なぜ今家族葬が流行しているのでしょうか?どういった利点があるのか考えてみましょう。
まず大きな利点となるのが費用面での負担が減るということですね。
家族葬では限られた人数のみが参列することになりますので、会場は小さいところになりますし、
様々な用意も少人数分ということになるのでその分費用を抑えて行うことができます。
葬儀の費用というのはただでさえ高額ですから、できれば予算を抑えたいというのは誰もが思うところでしょう。
もう一つ大きな利点となるのは社交辞令的なことは無しにする、という点です。
一般的な葬儀では弔問客がたくさん訪れて香典を受け取り、お返しをしたりするわけですよね。
しかしこれが非常に煩わしいと感じている方は正直多いと思います。
家族が亡くなったばかりで多くの人を相手にするのは非常に大変ですよね。
そういった弔問や香典などを辞退することによって時間的にも精神的にも余裕ができますので、
故人とのお別れを家族、親族だけでゆっくりと行うことができるというのも大きな利点となるでしょう。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の日程の違い

お葬式をあげるにあたって、最近では経済的な負担を減らすという意味から家族葬を選ぶ方が多くなっています。
家族葬は親族のみが参加する葬儀ということで少人数であることから経済的にも精神的にも負担を減らして行うことができるということで人気となっていますね。
さてそんな家族葬ですが、ただ少人数で執り行うというだけではありません。
実は葬儀の日程についても一般的な葬儀とは少し異なる部分があります。
一般的な葬儀の場合の日程としては亡くなった当日には親族など身内のみで仮通夜、
そしてその翌日に弔問客を受け付けての本通夜、さらにその翌日に葬儀や告別式を行うというのが一般的な日程ですね。
もちろん様々な事情によって変わってくる場合も多々ありますが、だいたいの場合はこの流れになるでしょう。
一方家族葬の場合はどうなのかというと、この場合は亡くなった日は同じように身内だけで通夜をしますが、その翌日も弔問は受けずに同様に通夜を行います。
そしてその翌日にまた身内のみで葬儀を行うという流れになりますね。
そしてその後に、これは人によって行うかどうかは変わってきますがお別れ会のようなものを開くという日程になります。
もちろん家族葬の場合であってもケースバイケースであり、通夜はなしであったり、通夜は弔問を受けるという場合もあります。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

義父の家族葬について

近年、葬儀会社が生み出した言葉として「家族葬」というものが広まっていますね。
これはその名前の通り家族の方のみで葬儀を行うというものなわけなのですが、
親族のみの少人数で葬儀を行うことによって経済的であったり精神的な負担を軽減しようというものになっています。
家族葬というのはこれといった定義が決まっているわけではないのでその形は様々なのですが、
例えば義父の葬儀が家族葬だったとして、その葬儀には参列するのかどうか、ということもあるかと思います。
一般的な葬儀の場合であれば、当然義父が亡くなったということであれば参列することになるでしょう。
しかし家族葬の場合だと亡くなった方の息子や娘の嫁や夫ということになると場合によっては参列しないケースもあるようです。
親族であることには変わりないですし、かなり近い関係ではあるものの、ごく近い身内だけで行いたいという故人の意思などがあればそういうケースもあり得ますね。
もちろんそれぞれの事情があるわけですから、遠方に住んでいたので実子だけで集まって行った方がいろいろと負担もないという配慮というケースもあるでしょう。
呼ばれなかった人からすると寂しいかもしれませんが、最近はこういった家族葬も増えていますのであまり気にしないでも良いかもしれませんね。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の場合の初七日について

最近はお葬式というと昔とはいろいろと形が変わってきている部分が多々ありますよね。
特に近年流行になっているとも言えるのが家族葬という形の葬儀ですね。
家族葬は経済的な負担を軽減することができるなどの理由から親族のみで葬儀を行い、
一般的な方の弔問や香典は辞退するという形の葬儀の事を言います。
家族葬は基本的に限られた人だけで葬儀をするというものであり、その内容については一般的な葬儀と変わらないのですが、
最近だと内容についてもいろいろと変化があったりします。
例えば葬儀の後には死後7日目に初七日の法要というのがありますよね。
最近だとこの初七日についても変化があるようです。
死後初七日に行うのが本来の初七日法要なのですが、葬儀の際に親族が集まってまた後日再度集まるのが難しいということもあって、
最近だと葬儀に併せて初七日法要を行ってしまうというケースも多いようです。
葬儀の時に火葬を行ってから行うということもあれば、火葬中に行ったり、あるいは葬儀からそのまま続けて行うということもあるようです。
家族葬を行いたいという方の意思としてできるだけシンプルに葬儀や法要を行いたいということも多いため、
初七日についてもまとめて行ってしまうケースが多いですね。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬には行ってもいいの?

誰か親しい友人や知人が亡くなった場合、普通であれば当然葬儀や通夜には参列したいと考えるものですよね。
しかし最近は葬儀というと家族葬という形で行うケースが多くなっています。
家族葬というのはその名の通り家族のみで葬儀を行いたいというものであるため、家族以外の方は遠慮してくださいということでもあります。
親しい友人だったという場合は家族葬に行ってもいいのかどうかというのは悩むところですよね。
行ってもいいのかどうか問い合わせて確認するというのも気が引けるものです。
遺族の方からすると行ってもいいかと聞かれてダメですと答えるのも失礼じゃないのかと考えてしまいますからね。
実際のところ家族葬を行う理由というのは様々です。
家族だけに人数を絞ることで費用面での負担を減らしたいということもあれば、故人の意思ということもあるでしょう。
あまり親しくもない知人や仕事の関係者がたくさん弔問に来るのが社交辞令的でそういうのを嫌がるという方もいるでしょう。
ですから親しい友人なら行ってもいいのかどうかというのは実際の故人との関係がどうであったのか、
故人の意思はどうだったのか、遺族としてはどういう葬儀にしたいのかなどケースバイケースになるということでしょうね。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の通夜への参列について

知人や友人などが亡くなった場合に葬儀については家族葬で行うと聞いた場合、
葬儀やあるいは通夜には参列しても良いのかどうかというのは迷うところですよね。
家族葬というのはその名の通り家族だけで行う葬儀のことではありますが、
絶対にそれ以外の人はお断りだ、というところも少ないでしょうし、
故人とごく親しかったという方であれば参列したいという方も多いのではないでしょうか。
家族葬を行う理由として経済的な負担を軽減するというケースが多いわけですが、
そういった場合であれば、特にそういった面で負担がかからないようなら参列しても良いと考えられますよね。
しかし実際のところでどういった理由で家族葬にしているのかというのを確認するのは難しいものです。
葬儀に関しては参列は辞退している場合であってもお通夜については普通に行い、一般の方でも参列できるというケースはあります。
場合によっては通夜そのものを行わないなんていうこともあるでしょう。
それも経済的な負担を軽減する一つの方法として最近多くはなっているようですね。
ただどのケースの場合においても言えることではありますが、やはり親族以外ということであれば遺族の方に参列しても良いのかどうかは確認しておいた方が良いでしょうね。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の手順とは

最近は葬儀というと親族のみで執り行う家族葬が増えてきています。
これから葬儀だという方の中にも家族葬を希望しているという方は多いでしょう。
そこで気になるのは家族葬とはどういった手順で進んでいくものなのか、ということですね。
家族だけで行う葬儀というのは言葉からもわかりますが、実際の手順は一般的な葬儀とどう違うのでしょうか。
基本的には家族葬とは言っても参列する人が親族などに限られるということであり、一般的な葬儀の場合とそう手順が変わるということではありません。
ただ家族葬という言葉は最近使われ始めた言葉であり、その言葉の定義というのもハッキリ決まっているものではありません。
ですからその内容というのも行う人の希望によって様々です。
場合によっては通夜については一般の方が参列しても良いという場合や通夜はなしというケースもあります。
家族葬と同じような意味で「自由葬」という言葉も使われるように、わりと故人や遺族の希望に合わせて自由に行われる葬儀だと考えることもできます。
ですが一般的に行われている葬儀会社の家族葬プランということであれば、
参列者を親族やごく親しい人に限り、それ以外の方には弔問を遠慮いただくという部分以外の手順に変わりはないでしょう。

カテゴリー: マナー・基礎知識 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の場合の友人への連絡

最近は家族葬を希望するという方が非常に多くなっているようですが、
家族葬を行うことのメリットというのは経済的な負担を減らすことと、精神的な部分のメリットもあるかと思います。
一般的な葬儀の場合だとどうしても多くの方が弔問に訪れることとなり、その対応や準備というのは非常に大変で精神的にも疲れてしまいます。
ましてや家族の方が亡くなった直後ですから、余計に大変ですよね。
そういうわけでできるだけ訃報の連絡なども控えるようにするのが家族葬です。
故人の友人などの方に対してなどは葬儀が済んでから連絡するというケースも多いです。
先に連絡してしまうとどうしても葬儀に参加したいという方が出たり、問い合わせがあったりで何かと大変です。
故人の希望などで特に親しかった友人などには連絡するのも良いですが、そこからまた別の友人に話が伝わらないように連絡を控えてもらうのも重要ですね。
ただ友人の方などに葬儀前に一切連絡をしないというのも後になってなぜ言ってくれなかったのかと不満を言われる可能性があります。
ですので、そういった心配をする場合は訃報を知らせる通知に家族葬を行うということ、弔問や香典などは固く辞退するという旨を書きましょう。

カテゴリー: お知らせ・電報 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。