義父の家族葬について

近年、葬儀会社が生み出した言葉として「家族葬」というものが広まっていますね。
これはその名前の通り家族の方のみで葬儀を行うというものなわけなのですが、
親族のみの少人数で葬儀を行うことによって経済的であったり精神的な負担を軽減しようというものになっています。
家族葬というのはこれといった定義が決まっているわけではないのでその形は様々なのですが、
例えば義父の葬儀が家族葬だったとして、その葬儀には参列するのかどうか、ということもあるかと思います。
一般的な葬儀の場合であれば、当然義父が亡くなったということであれば参列することになるでしょう。
しかし家族葬の場合だと亡くなった方の息子や娘の嫁や夫ということになると場合によっては参列しないケースもあるようです。
親族であることには変わりないですし、かなり近い関係ではあるものの、ごく近い身内だけで行いたいという故人の意思などがあればそういうケースもあり得ますね。
もちろんそれぞれの事情があるわけですから、遠方に住んでいたので実子だけで集まって行った方がいろいろと負担もないという配慮というケースもあるでしょう。
呼ばれなかった人からすると寂しいかもしれませんが、最近はこういった家族葬も増えていますのであまり気にしないでも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , , ,
カテゴリー: マナー・基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク