家族葬の日程の違い

お葬式をあげるにあたって、最近では経済的な負担を減らすという意味から家族葬を選ぶ方が多くなっています。
家族葬は親族のみが参加する葬儀ということで少人数であることから経済的にも精神的にも負担を減らして行うことができるということで人気となっていますね。
さてそんな家族葬ですが、ただ少人数で執り行うというだけではありません。
実は葬儀の日程についても一般的な葬儀とは少し異なる部分があります。
一般的な葬儀の場合の日程としては亡くなった当日には親族など身内のみで仮通夜、
そしてその翌日に弔問客を受け付けての本通夜、さらにその翌日に葬儀や告別式を行うというのが一般的な日程ですね。
もちろん様々な事情によって変わってくる場合も多々ありますが、だいたいの場合はこの流れになるでしょう。
一方家族葬の場合はどうなのかというと、この場合は亡くなった日は同じように身内だけで通夜をしますが、その翌日も弔問は受けずに同様に通夜を行います。
そしてその翌日にまた身内のみで葬儀を行うという流れになりますね。
そしてその後に、これは人によって行うかどうかは変わってきますがお別れ会のようなものを開くという日程になります。
もちろん家族葬の場合であってもケースバイケースであり、通夜はなしであったり、通夜は弔問を受けるという場合もあります。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , , ,
カテゴリー: マナー・基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク