家族葬での会社からの弔電について

会社の上司や部下、同僚などの家族が亡くなった場合というと人によっては葬儀に参列することもあるかと思います。
しかし最近は葬儀というと家族葬という形で行う方が増えていますよね。
家族葬となると基本的には親族の方のみが参列するものであり、それ以外だとごく親しい人が参列するかしないかというものです。
そうなると会社の同僚などの家族というような関係ではまず参列することはないでしょう。
しかしそういった場合でも会社としては弔電は送るものだと思います。
弔問は遠慮しますが、弔電は家族葬であっても遠慮するようなものではありませんね。
家族葬は弔問や香典を遠慮することで経済的な負担を減らしたり、ゆっくりお別れをするというために行うものですから、
弔電を受けることに関しては遺族としても別段マナー違反になるようなことはないわけですね。
ですから弔問は遠慮して会社として弔電を送るというのが良いかと思います。
ただ、家族葬にする理由というのはそれぞれですから、念のため送ってもよいか確認はしておいた方がよいかもしれませんね。
また、弔電をもらった側はどうするべきかということですが、これも当然ながら後日にお礼状を返すというのが礼儀でしょうね。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , , ,
カテゴリー: 会社関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク