同僚の家族葬に参列したい

職場の同僚の方が亡くなった、という場合に普通であれば葬儀には参列するものだと思いますが、
最近だと葬儀は家族葬で行います、ということも多いですよね。
家族葬は家族だけで葬儀を行うため、基本的にそれ以外の人の参列については遠慮願うというものです。
ですので家族葬で行うということであれば同僚の方であっても参列しないということで問題ないかと思います。
ですがその同僚の方と特に親しかったということであれば、絶対に参列してはいけないということでもありません。
もちろん家族葬をどう行うのか、どの範囲の方まで参列してもらうのかは故人や遺族の方の意思しだいになりますので、
親しかったとは言っても、葬儀は家族、親族だけで行いたいという場合もあるでしょう。
経済的な理由もあれば精神的な理由というのもいろいろとあるものですからね。
ただの同僚というとそれほど関係が深くないように思えますが、中には深い仲の人だっていることでしょう。
ごく親しくしていたという人なら遺族の方も無碍に参列を断ったりということもないでしょうから、
どうしても参列したいということであれば事前に確認してみるのも良いのではないでしょうか。
もちろんダメだと言われれば素直に遠慮しましょう。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , , ,
カテゴリー: マナー・基礎知識 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク