会社関係者の家族葬の通夜

会社の上司や部下、同僚やその家族などが亡くなったという場合には葬儀や通夜には参列するというのが一般的ではありますが、
最近は葬儀というと家族葬という形をとることも多くなっていますよね。
家族葬というのはその名の通り家族だけで葬儀を行うことを言いますから、基本的には家族以外の方は参列しないということになります。
家族葬の場合だと葬儀はもちろんなのですが通夜についても弔問は遠慮するということが多いですね。
ごく親しい人であったり親族のみで通夜を行うため、会社の関係者などの場合であれば基本的には通夜にも参列しないということになります。
もちろん会社の関係者とは言っても中には特別親しくしていたという方も中にはいるでしょうから、
そういった場合には事前に遺族に確認をして参列しても良いかどうか確認しておくのが良いでしょうね。
家族葬というのはこれといって定義や形に決まりがあるわけでもありませんから、その内容については様々であり、
通夜については通常どおり行って葬儀は身内のみでというパターンもあれば、その逆というのもあるようです。
また、通夜自体を行わないということもあるようですね。
経済的な理由から家族葬にするというケースが多いのでなしにした方が負担が少ないということもあるでしょう。

スポンサードリンク

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

Tags: , , , , ,
カテゴリー: 会社関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク