家族葬の場合のお供え物について

最近はお葬式というと家族葬を選ぶ方が増えていますよね。
経済的な理由であったり、故人の意思であったり理由は様々ですが、
一般の方の弔問や香典などは辞退して親族のみで葬儀を執り行うのが家族葬です。
家族葬をすると言われた場合には弔問や香典は遠慮することになるわけですが、
お供え物を持って行きたいなんていう時はどうするべきなのでしょうか。
家族葬では弔問は遠慮するということですから、葬儀の際に行くというのは控えるべきでしょう。
もちろんお供え物を持っていくというだけであっても葬儀の時は控えましょう。
香典であったりお供え物を受けるとそれを断るのも失礼になってしまいますし、遺族の方としては受け取らなくてはいけないということなります。
そうなるとお返しもしなくてはいけなくなりますよね。
葬儀の際のそういったお返しに気を使いたくないという部分も家族葬の理由の一つではあるので、
そこに配慮してお供え物などを持っていくのも避けたほうが良いでしょうね。
どうしてもということであれば葬儀が終わって一段落してからの方が良いでしょう。
何を渡すのかに関しては家族葬であってもそうでなくても変わることはありませんので、一般的なマナーに準ずるのが良いでしょう。

カテゴリー: 香典・費用 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬でのお花代について

友人や知人などが亡くなった場合の葬儀において、香典とは別にお花代としてお金を渡すというケースもありますよね。
お花代というのは香典と同じようなものではありますが、葬儀の形式だったり関係性だったりによって使い分けることがあります。
最近はお葬式というと家族葬という形で行うことも非常に多くなっています。
家族葬というのは家族だけで葬儀を行うという形になるため、友人や知人の場合だと弔問は辞退するということになるかと思います。
そうなった場合にお花代はどうするのか、ということですが、
基本的に家族葬の場合だと香典やお花代というのも辞退することがほとんどだと思いますので、無しでも良いでしょう。
むしろ香典やお花代などを受け取った側からすると、家族葬の場合であっても返礼をしなくてはいけなくなりますから、気を遣わせてしまうことにもなりかねません。
ですから、そういったものは辞退するというように連絡があったという場合はその言葉どおり香典やお花代は不要だと思っておいてよいでしょう。
遺族側としては、そういったものは辞退することをきちんと伝えておくことも大事ですし、
もしそれでもということで受けた場合にはきちんとお返しやお礼状を送るようにしましょう。

カテゴリー: 香典・費用 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の平均価格はどのくらい?

お葬式というのは結構な費用が必要になる、というのが一般的なイメージだと思います。
もちろん今でもそれが安くなったというわけではないのですが、
最近では予算を抑えて葬儀を行うことができる家族葬というのが流行りつつありますね。
家族葬は親族のみで行う葬儀のことであり少人数で行うことなどから、一般的な葬儀と比べて低予算というところが一つの魅力となっているわけです。
そうなると実際のところ家族葬の平均価格ってどのくらいなの?というのは気になるところでしょう。
平均価格とは言っても実際には葬儀会社によってその価格というのは結構な差があるようです。
有名な葬儀会社に頼むと低予算が売りの家族葬とは言えども100万円以上になることもあるようですし、
逆にあまり名の知れていない業者の場合なら驚くほど安いケースもあるようです。
もちろん葬儀に参加する人数であったり、内容をどうするのかによってかかる費用は大きく変動してきます。
そもそも家族葬というのはこれという定義があるわけではないので平均価格を出すのは難しいですが、
一般的に行われる家族葬の相場はだいたい50万円から100万円以下ぐらいのものだと考えて良いのではないでしょうか。

カテゴリー: 香典・費用 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の場合の返礼品について

最近お葬式というと家族や親族のみの少人数で行う家族葬というのが一種のブームのようにもんっています。
家族葬を行う理由というのは様々ですが、多くの方の場合はやはり経済的な面での負担を軽減できるというのが大きな理由ではないでしょうか。
家族葬は親族だけで葬儀を行うという点以外にも、例えば香典などは受け取らないという特徴もあります。
香典を受け取らないということはつまり返礼品も用意しない、ということになりますよね。
返礼品を用意しないということはその分の予算が必要ないということですから負担が減るのと同時に、
返礼品の値段や数などを考える必要がありませんから、葬儀の予算を組みやすいいう面もあります。
返礼品を必要とする人数が多くなると当然予算が大きくなりますし、どのくらい必要かが不透明だといくらかかるかがわかりづらいというのも困りものです。
その点家族葬はそういった部分がないので予算が早い段階でハッキリするというのも一つのメリットでしょう。
葬儀の費用というのは基本的には結構な金額がかかるものですから、いくらかかるんだろうと心配するのもストレスになりますからね。
ただ、辞退はしても香典やお供え物を送ってくる人がいる可能性はありますから、用意するのは後日で良いとしても返礼品が全く必要でないとは限りませんね。

カテゴリー: 香典・費用 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

セレマの家族葬の料金は?

お葬式をする際には、多くの方が葬儀会社に依頼することになるのではないかと思います。
なかなか葬儀の段取りに慣れているという方も少ないでしょうから、そういった部分は葬儀会社にまかせておいた方がなにかと楽ということはあるでしょう。
例えばセレマなんていうのはテレビCMも行っていて知名度の高い葬儀会社の一つだと思われます。
どこに依頼しようかと考えて名前を知っているセレマを選ぶという方も多いでしょう。
葬儀をするにあたって気になるのはやはりその料金だと思います。
最近だと料金を低く葬儀をすることができる家族葬というのが流行していますよね。
セレマの場合でも家族葬を選ぶことは可能です。
そこで気になるのはセレマで家族葬をするならどのくらいの料金になるのか、ということですよね。
家族葬とは言ってもその内容については様々ですから、予算もそれによって大きく変わってくるわけですが、
調べてみたところセレマの場合だと安いプランで見積もっても100万円程度は料金がかかってくるようですね。
他の業者と比べてみると内容にしては相場よりは高くなるようです。
知名度の高い業者ということでそういう部分の安心感というのはあるかもしれませんが、
費用を安くするために家族葬を選びたいというなら慎重に検討したいところですね。

カテゴリー: 香典・費用 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬で香典が現金書留で送られてきたら

最近の葬儀では家族葬というのが多くなっているようですね。
家族葬は親族だけで行う葬儀となるので経済的な負担を減らすことができるなどの理由で人気となっています。
家族葬の特徴としては弔問や香典を辞退するというものがあるわけなのですが、
中には現金書留で香典を送ってくる人というのもいますよね。
家族葬ではない一般的な葬儀の場合だと式に参加できない遠方の方からなんかだと現金書留で送ってくることも少なくはないのですが、
基本的に弔問も香典も辞退しているということになると現金書留で送られてくるとその対応は難しいところですよね。
こういった香典を受けた際に返金した方が良いのかどうかで悩む方もいるかもしれません。
しかしどんなケースであっても香典を返金するというのは相手に対して非常に失礼なこととなるため避けるべきでしょう。
できれば事前に辞退する旨については伝えておきたいところですが、すでに送られてきたのであれば仕方ありません。
辞退していることなどに触れると相手にも気を遣わせてしまう可能性がありますから、
そういった部分には触れずに後日手紙でお礼を書くなどするのがよいのではないでしょうか。
家族葬であっても礼儀は欠かしてはいけませんね。

カテゴリー: 香典・費用 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬での会社からの弔電について

会社の上司や部下、同僚などの家族が亡くなった場合というと人によっては葬儀に参列することもあるかと思います。
しかし最近は葬儀というと家族葬という形で行う方が増えていますよね。
家族葬となると基本的には親族の方のみが参列するものであり、それ以外だとごく親しい人が参列するかしないかというものです。
そうなると会社の同僚などの家族というような関係ではまず参列することはないでしょう。
しかしそういった場合でも会社としては弔電は送るものだと思います。
弔問は遠慮しますが、弔電は家族葬であっても遠慮するようなものではありませんね。
家族葬は弔問や香典を遠慮することで経済的な負担を減らしたり、ゆっくりお別れをするというために行うものですから、
弔電を受けることに関しては遺族としても別段マナー違反になるようなことはないわけですね。
ですから弔問は遠慮して会社として弔電を送るというのが良いかと思います。
ただ、家族葬にする理由というのはそれぞれですから、念のため送ってもよいか確認はしておいた方がよいかもしれませんね。
また、弔電をもらった側はどうするべきかということですが、これも当然ながら後日にお礼状を返すというのが礼儀でしょうね。

カテゴリー: 会社関連 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

会社関係者の家族葬の通夜

会社の上司や部下、同僚やその家族などが亡くなったという場合には葬儀や通夜には参列するというのが一般的ではありますが、
最近は葬儀というと家族葬という形をとることも多くなっていますよね。
家族葬というのはその名の通り家族だけで葬儀を行うことを言いますから、基本的には家族以外の方は参列しないということになります。
家族葬の場合だと葬儀はもちろんなのですが通夜についても弔問は遠慮するということが多いですね。
ごく親しい人であったり親族のみで通夜を行うため、会社の関係者などの場合であれば基本的には通夜にも参列しないということになります。
もちろん会社の関係者とは言っても中には特別親しくしていたという方も中にはいるでしょうから、
そういった場合には事前に遺族に確認をして参列しても良いかどうか確認しておくのが良いでしょうね。
家族葬というのはこれといって定義や形に決まりがあるわけでもありませんから、その内容については様々であり、
通夜については通常どおり行って葬儀は身内のみでというパターンもあれば、その逆というのもあるようです。
また、通夜自体を行わないということもあるようですね。
経済的な理由から家族葬にするというケースが多いのでなしにした方が負担が少ないということもあるでしょう。

カテゴリー: 会社関連 | タグ: , , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬での弔辞はどうする?

誰かが亡くなったことで葬儀を行うということになれば、その段取りをするのもなかなか大変です。
葬儀の中ではいろんな式次第があるかと思いますが、その中身というのも決めていかなければいけません。
例えば葬儀では弔辞というものもありますよね。
この弔辞を一体だれが行うのかなんていうのも頭を悩ませたりするものでしょう。
特に最近では家族葬を行うという方が多くなっています。
弔辞というのは特に誰が読むのかというのが決まっているわけではありませんが、
多くの場合故人と親しかった友人の方などが読むことが多いかと思います。
家族葬ということになれば参列するのは当然家族のみということになりますので、そういった方がいないということになりますよね。
また、身内だけしかいない中でそういった形式張ったものというのはあまり好ましくないと考える方もいるでしょう。
そもそも家族葬はそういった形式や社交辞令的な部分が嫌で選ぶ方も多いですからね。
そういうこともありますし、弔辞は必ずなくてはならないものというわけではありませんから、
特に誰か弔辞を読みたいという人がいるようでもなければ、なくても構わないといえるでしょう。
もともと無理に誰かに頼むものでもありませんしね。

カテゴリー: 会社関連 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

家族葬の場合の会社としてのマナー

最近では家族、親族のみで行う家族葬というものが増えており、
会社などでも誰かの関係者に訃報があった場合も「家族葬で行うので」ということを耳にすることが増えているかと思います。
通常の葬儀の場合であれば会社としても誰かが参列したり弔電を送ったりといったところではありますが、
基本的に家族や親族、あるいはごく親しい友人など以外については弔問などはお断りするというのが家族葬ですからどういったマナーで対応するのか難しいところですよね。
会社としてのどういう対応が良いのか、そのマナーについてですが、
家族葬の場合はやはり基本的に弔問や香典などといったものは辞退したいというわけですから、それに従うのが望ましいでしょう。
では弔電などはどうするのか、ということですが、家族葬をする目的についてはいろいろで、
経済的な理由からということであれば、弔電を受けること自体にはなんら問題ないでしょうから送っても問題ないでしょう。
ですが、実際に家族葬を行う理由なんていうのはわからないわけですから、事前に会社から弔電を送っても良いのか確認しておくのがマナーでしょうか。
家族葬とは言ってもその言葉の定義があるわけでもなく内容も様々ですからマナーについては難しいところですね。

カテゴリー: 会社関連 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。